TBC スーパー脱毛

レーザー脱毛の痛みは少ない

スーパー脱毛

永久脱毛は一般的には整形外科や美容外科などの、医師や看護師のいる医療機関で受けられる施術です。エステサロンは医療従事者がいないため、低出力レーザーしか扱えず脱毛は出来ても永久脱毛は難しい事を理解する必要があります。

 

永久脱毛の施術は、かつてニードル脱毛という毛穴に細いニードル(針)を刺して電流を流し、毛を生成する毛乳頭を破壊する方法が一般的でした。1本1本処理するため効果は確実ですが、かつては耐え難いほどの痛みもあったようです。ただ同様の脱毛法は現在ではかなり進化しており、以前ほどの痛みを心配する必要はないようです。

 

一方、医療機関ではでは、黒色色素に反応する高出力のレーザーで照射を行い、毛乳頭や毛母細胞を熱で破壊します。この施術はニードル脱毛に比べて痛みが少なく、広範囲を一気に脱毛できるので短時間で済む利点があります。

 

衝撃の程度は、輪ゴムではじかれたようなパチンという感覚がある程度で、慣れれば気にならなくなってくるともいいます。施術の痛さを避けて永久脱毛したくても出来ない人がいましたが、近年では脱毛機器の進化により痛みは軽減されています。

 

どうしても痛いのが苦手な場合は、歯医者で使用するような塗る麻酔や笑気ガスを使用する事ができます。こういった点も医療機関ならではの利点と言えます。