ハイジニーナ脱毛

これからは日本でもハイジニーナの時代に!?

スーパー脱毛

日本の場合、デリケートゾーンの脱毛と言えば「VIO脱毛」という呼び名が一般的で人気です。ネットで検索すると、VIOラインを処理してくれるサロンがたくさんヒットします。

 

サロンでムダ毛を処理するといえば脇をイメージする人が多いかもしれませんが、今はじわじわとVIOラインを脱毛する人が増えています。

 

脱毛と一口で言っても、全部毛を抜いてしまうのではなく、必要に応じて毛をデザインしていきます。

 

もしかしたら将来、年をとったらツルツルでは恥ずかしいと思うかもしれません。そういった事情もあってか、小さい下着を着けてもムダ毛がはみ出さない程度のデザインをする人が多いようです。

 

欧米の場合は、「ハイジニーナ」といって、アンダーヘアを全部処理する脱毛が断然人気です。欧米のセレブが火付け役となって、ハイジニーナを行う女性が年々増えています。

 

スーパー脱毛

見た目もさる事ながら、デリケートゾーンを衛生的に保ちたいという実用的なメリットも全部処理につながっているようです。ちなみにハイジニーナとは英語で「衛生的な」という意味の「hygiene」に由来します。

 

ハリウッドセレブではパリス・ヒルトンやブリトニー・スピアーズがハイジニーナだと言われています。

 

日本ではまだ、ハイジニーナは今のところそれほど一般的ではありませんが、今後、欧米のセレブ並みにムダ毛を脱毛する女性の増加が見込まれます。